青汁の雑学

青汁で眼精疲労を回復

毎日パソコンに向かってカタカタ・・・・
そんなシーンが当たり前の現代社会ですが、青汁が眼精疲労に効果的であることをご存知でしょうか? 目がショボショボする、眼の奥がつかれたように重い等、目のトラブルを青汁で回復してしまいましょう。

■疲れ目のメカニズム
目を酷使すると、目の周りの筋肉が緊張して硬くなります。
緊張して疲れていると血行が悪くなり、筋肉の緊張からかしなやかな動きもできなくなってしまいます。

筋肉がつかれていても、人間は目を使わざるを得ないので、疲れている目をさらに酷使してしまうのです。
主には、パソコン仕事やスマートフォンの長時間操作。
道路標識や信号も見続けますし、案内板を見て歩きますし、人混みもすり抜けます。

■疲れ目はどんな症状?
目の焦点(ピント)が合わず霞んで見えるような症状が現れます。
霞むだけではなく、ぼやけて見えたりする場合もあります。
疲れ目を回復させずにいると、「眼精疲労」となり、慢性的に目がつかれている状態になってしまいます。
眼精疲労の主な症状として

・頭痛
・肩こり
・吐き気
・近眼

など、目以外の部分で不快な症状が現れ始めます。

■目の疲れや眼精疲労を回復させるには?
目の疲れや眼精疲労を回復させる一番の方法は「休息」です。
結論から言うと、「目を使わない事」です。
使いすぎた筋肉は休めることによって回復させるしかありません。
しかし、その回復を食生活によって効果促進させることができるます。
そこで、青汁の登場なのです。
生野菜よりも野菜スープよりも、コップ1杯の青汁で疲れ目や眼精疲労の回復を促進させましょう。

■青汁による筋肉疲労効果が眼精疲労にも効く
特に眼精疲労に効果的な栄養分は、ビタミンA、B1、B2、B12です。
ビタミンAは目の健康を維持するために必要不可欠な栄養素。
ビタミンB群は、視神経の働きを助け、目の回復を促します。

眼精疲労に対して、ブルーベリーを濃縮したサプリメントが有名ではありますが、青汁も負けてはいません。
青汁は、特にビタミンAが豊富に含まれておりますので、青汁を飲んだ後は目がスッキリします。
仕事の合間や休憩時間に青汁を飲むと効果的です。

■まとめ
現代人の多くが悩まされているであろう眼精疲労。
パソコンやスマートフォンがこれだけ普及していれば、眼精疲労に悩む人が多いといわれてもうなずけます。
そんな現代だからこそ、定期的な青汁の摂取が効果的ですね。

ページのトップへ戻る